• TOP
  • 就職・転職支援サービス
  • 求人ER
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    求人ER
    ■意欲があふれています■
    まだ歴史が浅いサイトなんですが、「求人ER」というサイトがあります。まだ歴史の浅いサイトなので
    それほど求人数も多くないのが特徴です。その求人情報は、公開されている情報が約約3000件、それに
    非公開求人が3000件加わります。

    なのですが、サイトの方はかなり気合がはいっています。何より検索条件が多種多様です。多種多様の
    検索条件には、未経験可、社宅・寮ありなんていうどこのサイトにもありそうなものから、海外研修、
    学会参加補助制度ありなんて、いかにも医療関係の仕事ならではのものまで含まれています。このあたりは
    後発のサービスである事は分かっているので、あえて、作りこんでいるのではないでしょうか。

    求人先にしてもかなり細かいです。総合病院、個人病院、専門病院と幅広く、全国エリアの求人をご用意しておりますので働きやすい環境が見つかること間違いなしです。また、職種もかなり細かいですよ。看護師、
    医師、薬剤師をはじめとして、助産師・保健士・ケアマネージャー・介護福祉士・臨床工学技士などです。
    求人数が少ない割には、多くの職種が検索できるというわけなんです。

    また、エリアや病院規模だけでなくて、希望業種、診療科目、給与、雇用形態といった勤務条件面も非常
    細かく選択検索する事が可能になっているので、キャリアアップをはかりたいなどという思っていた方は
    希望にかなう転職先を探すことができると思います。

    ◆看護師のための転職サイトは求人ER

     

    ■出来ると思うのですが■
    求人ERは、医療系の転職支援サービスになっています。基本的に、医療の現場に従事している人に
    ついては、一般的な礼儀とか分かっていると思うのですが、それでも、求人ERには、「面接時のマナーに
    ついて」というページが、がっつりとあります。この辺りのサービスを展開している事が、いかにも
    新しいサイトという雰囲気はありますね。

    医療の現場というのは、他の業種と比較しても郡を抜くほど、「清潔感」が大事になってくる仕事です。
    そこで、面接では話す内容はもちろんのこと、第一印象がとても重要なんです。マナーが悪ければ素晴
    らしい経歴も、台無しになってしまいますし、最悪のケースでは不合格になってしまいますからね。

    そこで、事前準備、時間厳守などの注意点ごとに、ポイントをまとめてあるのです。個人的には、若い、
    まだ分別のない若者用に感じてしまうのですが。。。転職のための面接で「遅刻・ドタキャンは厳禁
    ですよ」みたいな事が記載してあるのです。他の業種の転職支援サービスでは、メールや電話などで
    結構綿密な打ち合わせを行うんですが、忙しくて、出来ない人が多いですからね。ただ、このサイトに
    記載してあるマナーの項目は、全て基本中の基本になりますので。経験がないとどうしてもぼろがでて
    しまいますからね。気をつけるようにしたほうがいいです。「きちんと挨拶をしよう」と思っていても、
    その通りに実行できない場合もありますからね。

    ◆医療系求人をお探しなら

     

    ■以外に大事な点です■
    転職を希望している人にとって、以外に盲点なのが、今働いているところに対する処置です。中には、
    内定を貰ってから、退職届を出すなんて事を考えている人もいて、退職するときにどんな手続きがいる
    のか全く分かっていないケースもたくさんあります。

    そこで、求人ERには、「法律・制度のQ&A」」というのがあります。当然、各種制度というのは、それ
    ぞれの病院、奇病によって細かく違ってくるのですけど、「この点に注意してください」と気付かされる
    だけでもずいぶんと変わってくると思います。

    ちなみに、退職まで編、福利厚生編とわかれています。退職まで編の代表的な質問といえば、退職は
    いつ伝えるのか、有給は買い取ってもらえるのかなどの基本的な質問だけではなくて、例えば、退職後に
    住民税の納税書が送られてきたんだけどどうするべきか、退職後も健康保険を払うべきなのかなどの以外に
    難しい問題まで模範的な解答を用意してくれています。

    福利厚生編では、401Kって何ですか??などの文字通り福利厚生の基本と言えるものが説明されています。
    それに加えて、産休、育休などの制度がどのようになっているのかなどの情報を記載しています。日頃の
    業務に精一杯でありながら、また、他の職員さんは退職する積もりないわけで、今の勤め先で退職にまつ
    わる情報を調べるのって勇気がいるのですよね。そういう時にこういう情報が掲載してあると、とても
    助かるのですよね。


     

    Page top