• TOP
  • 就職・転職支援サービス
  • とらばーゆ看護
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    とらばーゆ看護
    とらばーゆ看護は、国内大手のリクルートが運営しているサービスです。看護師の求人に限らず、リク
    ルートは国内でも大手の転職支援会社であるので、管理などがしっかりしているイメージですね。
    転職活動中に、支援会社が倒産するなんて事がないので、とても安心して転職活動をする事が
    出来るのです。

    ちなみに、看護師の世界は慢性的な人手不足なので、他職種よりも希望の職場への採用を勝ち取りやすい実情があると思います。その反面、離職率がとても高い業界でもあるので、通関したキャリアを積む意識をしっかり持たないと、経歴がバラバラしてしまう可能性もあるんですよね。条件面だけでなく、自分の強みの分野を意識して希望を整理すると、よりよい転職活動ができると思います。

    そのためにも、転職支援サービスをうまく活用するといいと思います。自分ひとりで活動すると、どうしても
    給料がいいなどの職場を安易に選択しがちですのでね。転職支援サービスを利用すると、自身のこれまでの
    キャリアを棚卸する事にもなりますからね。

    とらばーゆ看護は、新着求人が、毎週月、木と更新されるので、常に新着の求人を検索する事が出来ます
    からね。それに、医療機関はどこでも均質な医療サービスを提供することが前提なので、どこで働いても
    業務内容って、同じと感じがち何ですが、実はそうではなくてですね。子育て経験者が多ければ子育て中の
    人の理解を得やすかったりするなど医療機関の考え方で違いが生まれます。その辺りを、きちんと踏まえた
    上で、転職する事が出来るのが、とらばーゆ看護を経由して転職活動をするという事になるわけですね。

     

    今の時代は、インターネットが発達していて、いろいろな掲示板サービスが立ち上がっています。結果と
    して、興味を持った病院について、あまりよくない口コミ情報を見つける事をありますよね。そんな求人
    を見つけた時に、応募しないなんていう判断をしてしまう事があります。

    そんな時は、とらばーゆ看護のコンサルタントに正直に言ってみるといいと思います。口コミを参考に
    する事は悪いことではありません。中には、本当に意味のある情報もあるかもしれませんしね。ですが、
    所詮感じ方は人それぞれになりますので。興味を持ったのであれば、積極的に動いてみるといいと思い
    ますよ。とらばーゆ看護の経由で面接を依頼すると、事前見学を申し出てみるという方法もあります。
    仮に、事前見学が難しければ、面接時に院内を見学させてもらうのも有効だと。自分で確認し、自分が
    どう感じるかで判断することをおすすめしますよ。

    また、転職活動をする人の中では就業しながらの転職、離職してからの転職にしたらいいのかわからない
    なんて人もいるかと思います。そういう時は、就業しながらの転職の方がいいと思いますね。より、長い
    期間転職活動を行うことが出来ますからね。また、収入が途切れてしまうと、どうしても不安な気持ちの
    方が強くなってしまって、とりあえず、転職してしまおうという事になりがちですから。とらばーゆ看護
    のコンサルタントと相談しつつ、マイペースに転職活動を進めるのが、いい転職先を見つけるためのコツ
    になってくるかもしれませんね。

     

    ■コンサルタントの仕事です■
    仮に、とらばーゆ看護経由で転職活動をしているとします。そこで、書類審査を通過して面接に望んだと
    しますよね。そこで面接をして、「ここは違う」と思うこともあるかと思います。求人情報とは違った
    雰囲気というものを感じる事があるのですよね。落ち着いた環境を求めているのに、どこか慌しい職場
    だなぁという事もありますので。

    ですが、そんな時に限って、採用する側は、「この人がいい」なんて思っているものです。また、条件も
    申し分ないなんて事になるわけです。そんな状況になると、個人で応募しているとなかなか断れないもの
    ですよね。自分から応募しているわけですのでね。それを、断るために存在しているのが、とらばーゆ看護
    のコンサルタントという事になります。そもそも、転職というのは、はお互いに「よい」と思ってこそ、
    いい転職、いい採用になるものなのですよね。それを演出するのが、とらばーゆ介護のコンサルタントの
    仕事になってくるわけですね。

    また、転職した後で「条件が違う」なんて事がないようにしないといけません。コンサルタントには、
    450万円以上という条件の求人のみで面接しているのに、採用されたときの条件が400万円であれば意味が
    ありませんので。そういう時に話が違うのではないかと言う話にならないように気をつけないといけません
    よね。その時に、「条件を吊り上げてください」という話はしづらいですからね。そこもコンサルタントの
    仕事になるわけですよね。

     

    Page top