• TOP
  • 就職・転職支援サービス
  • 医療ワーカー
  • 誰のための物なのか
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    医療ワーカー

    誰のための物なのか

    医療WorkerのHPには、「夜勤アルバイト」専門のコーナーがあります。仮に、首都圏での話しですが、
    ものすごい高待遇です。例えば、東京のある都市の病院なのですが、1回3万円以上の募集がたくさん
    あります。ほとんどの病院は、月4回(週1回)を想定している事が多いのですが、それでも月12万円以上の
    高額バイトになります。仮に、夜勤専従ともなると、年収550万円ほ保証しているなんて求人もあります。

    「夜勤専従」がもてはやされる理由としては、72時間ルールが影響していそうですね。働いている看護師
    の平均夜勤時間が72時間以内であれば、入院の保険点数を病院側が有利な点数で加算していく事が出来ます
    のでね。一方で、日勤専門の看護師が出てきている事を踏まえると納得できる形だと思います。また、
    週1回であるならば、個人的には、ブランクを抱えていた人のリハビリ期間としてもちょうどいいような
    気もします。一般病棟であれば、それほど緊急性の高い人がいない対応を任す事も出来ると思います。
    それだけ、夜勤をしたいと言う人も増えているという事です。確かに、なにもない穏やかな夜勤である場合も
    あるはずですよね。であれば、かなり体のいいアルバイトという事になります。